インプラントでいつまでも綺麗な歯を維持

インプラントとは

3月
30

今歯の治療法が日々進化しています。歯医者というと削る時の痛みや、音、麻酔など何かしらの苦手意識を持っている人が多いです。そのため、実際虫歯になってもなかなかすぐに歯医者に行く気に慣れず、そのまま放置してします人もいます。しかし虫歯をそのままにしておくと口内環境も悪くなり、他の歯も虫歯になり易くなります。最終的には大きな虫歯になって神経を抜くことになったり、歯が抜け落ちたりしてしまう事もあります。そこで慌てて治療を行う人が多いです。虫歯や歯が折れたり抜けたりした場合の治療法はブリッジや入れ歯のどちらかが多いです。しかし最近ではインプラントという治療方法があり注目されています。

インプラントが注目されている理由として、仕上がりがとてもきれいで自然であるということです。他の天然の歯と比べても違いが解らないほどの仕上がりです。更にインプラントはあごの骨をけずってインプラントを埋め込み、土台となる支柱を固定します。そしてアタッチメントを取り付けて歯を取り付けるという治療法です。あごの骨を削って固定する為、安定感があり他の歯と同じように使用する事ができます。そのため硬い物や粘り気のあるものなども気にすることなく食事を楽しむ事ができます。更にあごの骨としっかり固定されていることで歯茎の劣化なども防ぐ事ができます。ただし治療に時間と費用が掛かることと、顎の骨が少ない場合や口内環境が悪い場合などは治療ができないケースもあります。

未分類 インプラントとは はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.