インプラントでいつまでも綺麗な歯を維持

インプラントの弱点

4月
03

新しい歯の治療法として最近注目を集めているのがインプラントです。インプラントは他の治療法と異なり他の歯を傷つけることなく治療をすることができます。また仕上がりも他の歯と違いが解らないほど自然なため、見た目がきれいです。インプラントの治療法は、顎の骨を削り、インプラントの土台を埋め込みます。そしてアタッチメントを取り付け歯の本体をはめ込みます。そのため他の歯と同じように動かす事ができ、歯茎が弱ったりする心配がありません。また治療後の注意点を守り、メンテナンスも定期的に通えば、最後交換などの治療を受けることなく生活する事ができます。これらの事を考えると治療法として多くのメリットがある事がわかります。

しかしインプラントにもいくつかの弱点があります。それは誰しもが受けられる治療ではないという事です。一番年九になるのが費用の問題です。インプラントは自由診療なので保が適応されません。そのため保険が適応できるブリッジや入れ歯に比べると十尾以上の治療費が掛かります。インプラント一本当たり平均で30万前後が多いです。インプラント治療の前に検査費や手術費、インプラントの材料費、治後のメンテナンス費なども含めると高くなっています。またあごの骨の骨が少ない場合はインプラントの土台を固定できない為、治療ができない場合があります。

未分類 インプラントの弱点 はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.